HOME > 古本買取手段のメリット・デメリット

古本買取手段のメリット・デメリット

読み終えてもういらなくなった本を業者に売れば、意外と高く買い取ってもらえるということもあるので利用してみる価値はあります。まず古本を売る手段としては街の古本屋を利用するという方法があります。

街の古本屋の場合は持込が一般的ですが、大手の店だと宅配や出張買取などを行っているところもあります。
古本屋を利用すれば手軽に持ち込めてその場で査定してもらえるから、価格がすぐにわかるという利点があります。
またオークションと違って一定の個人に売るわけではないので、トラブルも起こりにくいようです。
逆にデメリットとしては査定額が低くせっかく持ち込んでも買取不可の商品があったり、本の量が多いと運ぶのに大変で近くにお店がないと利用できない点が挙げられます。

更にネット古本業者を利用する方法もありますが、重たい本を運ばなくても良いのでラクだし買取トラブルが起こりにくい、あらかじめ無料査定サービスを行っているところもあるなどの利点があります。しかしネット古本業者も買取不可の商品が出てきたり、買取を止めたい場合は本を着払いで返してもらわなければならないというデメリットもあります。

最後にオークションを利用するという手もあります。オークションは、自分で価格やセット売りなど売り方を自由に決められるし、買取業者で買取不可の書籍でも欲しい人がいれば売れる場合があります。一方出品の準備から落札者への連絡、発送の手配などを全て自分で行う必要があり、出品しても売れる保証はなく、サイトによっては出品料や会費がかかることもあります。それぞれメリットとデメリットがあるのでよく検討し、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。