HOME > ネットオークションを利用する

ネットオークションを利用する

古本を売る方法としては、ネットオークションを利用するという手もあります。ネットオークションでの古本売買においては、値段の設定から買う側への発送手続きまで自分で全ての手配を行う必要があります。

具体的には、古本の相場を調べて本の価格を決め、写真を撮ってコメントを打ち込み終了時間や出品期間などを決めます。準備が整ったら出品し、こまめにオークションをチェックしながら動向をみます。落札されたら落札者に連絡をとり、発送方法などを再度確認し入金されたら発送手続きを行うという流れになっています。

ネットオークションを行うサイトは色々ありますが、古本相場で価値や人気度を調べれば意外な本が高く売れたりすることもあります。自分で相場を調べるという手間がかかりますが、本の本当の価値を自分で知ることができるので取引を有利に進められます。
またネットオークションによっては、利用するにあたって月会費や出品料、手数料などがかかり費用も各サイトで異なります。
一定の価格が決められている場合もあれば、オークションで売り上げた金額の数パーセントを手数料としているサイトもあります。色々なサイトをチェックして手数料があまりかからないようなサイトを利用するとお得です。

そしてもう一つ気をつけたいのが、オークション利用者が多いサイトを選ぶということです。

あまり人が集まらないサイトは手数料が安くても、出品後なかなか売れないということにもなりかねません。
みんながよく利用する、常にたくさん出品されているという人気のオークションサイトを利用した方が落札の可能性も高まります。