HOME > 高値が期待できない古本

高値が期待できない古本

書籍には様々なジャンルがあるので、古本で高値がつくものもあれば逆に期待したほどの値段がつかない場合もあります。状態はいいのにどうしてこんなにも安いのかって不思議に思う人もいるでしょうが、
古本市場では状態にあまり関係なく安値となってしまうジャンルの書籍もあるので、知っておくと買取の際にあまり落胆せずに済みます。

まず、ベストセラー作家や誰もが知っている、一度は読んだことがあるような作家の本はあまり高値がつきません。ベストセラー作家だから人気があり、みんなが当然読みたいはずだと思われがちですが世の中に広く出回りすぎていてどの古本屋にも必ずあるような書籍は価値がダウンしてしまうようです。

更に小説でも文庫本は単価がもともと安く、すぐに市場に出回るので実はあまり高値が期待できません。また芸能人のエッセイや小説なども流行すたりが激しいので、今人気の人でも意外と買取額が低いという場合は多いようです。

本も流行があるので以前は流行ったジャンルの書籍や比較的人気のある美容健康本でも昔はやったものを紹介した書籍は今需要がほとんどないので、査定額は下がることがほとんどです。
まれにマニアの人が趣味で集めているなんてこともありますが、料理本なんかでも古めかしい写真の載った書籍などはやはり好まれないようです。
そしてベストセラー作家と共通しますが、マンガやコミック本でもあまりに世の中に出回りすぎているものは巻数が揃っていても思ったより買取額が上がらないことがあります。