HOME > ネット古本業者の利用について

ネット古本業者の利用について

古本買取というと街の古本屋に持ち込むケースが多いですが、ネット古本業者の利用も人気がありますよね。

ネット古本業者は宅配買取が主で、流れとしては業者に買取を申し込んで売りたい本をダンボールに詰めます。そして買取申込書や身分証明書など必要な書類も一緒にダンボールに入れて、ネット古本業者に発送します。その後査定が行われ、査定額がメールなどで提示されるので金額に納得ができれば買取成立となり、後日買取額が口座に振り込まれるという仕組みになっています。
もし査定額に納得できなければ、大体の場合は着払いで本の返送がなされることが多いようです。

発送する前に無料で査定を行い査定額を提示してくれるところもあるので、利用すればあらかじめ査定額を知ることもできるので便利です。

しかし事前に査定を頼んでも、かなり汚れていたり破れていたりと実際の本の状態が悪いと、買取額が査定額と異なる場合もあるので本の状態もきちんと伝えることが大切です。

ネット古本業者は買い取った古本をオークションなどで販売することが多く、古本市場で人気となっている本や価値のある本は高く売れる場合もあるので本によっては高く買い取ってもらえる可能性があります。
また、自宅近くのネット古本業者なら街の古本屋のように自宅まで買取に来てくれる場合があります。

宅配買取の場合は売る側に送料の負担があまりないのが普通なので、当然業者が送料を負担していることになります。だから出張買取を依頼すると業者が送料を負担しなくてよいので、査定額も少しはアップします。
ただその場で査定するとなると古本市場での相場が確認できず、査定額がダウンする可能性もあるので業者と相談して持ち帰り細かな査定を依頼する方法をとるのがよいかと思います。